実家の汚部屋を片付けしました

実家の両親はかなり高齢者になり、掃除もあまりしていないので汚部屋になっているので久しぶりに帰省して室内を見ると、かなり汚れていますね。なので、もぉ〜何日間か滞在して汚部屋の片付けをしましたよ!やっぱり部屋が汚いと気持ち悪いし、臭いがけっこうするのでこれはまずいなぁと感じていました。親は東京の多摩市に住んでいますが、かなり自宅も老朽化してきたので、親が高齢になって入院や施設に入ったら家を取り壊して売却しようかと考えています。

実家のゴミ屋敷を解決

周辺はけっこう需要がある地域なので、一戸建ての売却などもけっこう人気物件で紹介がありますし、空き地にした後に売却しようかなぁと考えているところです。なので、実家の汚部屋を何とかしないと臭いもキツイですし、やはり不衛生なので思い切って掃除することにしました。
かなり汚部屋だったので、私の主人や子供達は手伝いに行きたくないと言いますし、私一人で片付けをすることにしました。まず、軽トラを近くのホームセンターで1週間借りることができたので、利用することにしました。順次、不要なものは軽トラックに乗せて粗大ごみ処理場へ持っていくようにするなど、色々と対策することにしました。やっぱり不用品は室内に置いておくと汚いですし、少しずつ処分した方が良いので粗大ごみ処理場へ車で15分くらいで到着するので持って行きました。自分で軽トラックを利用して持っていくと、かなり費用も安く抑えることができますし、なかなか満足できる価格にて処分ができるので嬉しいです。実家の汚部屋を綺麗にすることで、室内環境もだいぶ変化するので、こうした片付けを定期的に行うのは必要だなぁと実感しました。年を老いてくると、どうしても物を溜め込むようになったり、処分できないようになるなど、親も物を捨てるのが面倒になる傾向になるため、しっかりと処分することは何より重要だと感じ、色んなものや使わないものを処分することにしました。